いつまでも、幸せで。




これは俺が愛海と結婚してからいつも思っていることだ。




最初のころは、愛海が俺のことを好きなのかわからずに遠ざけたこともあった。


でも、それも解決して今では可愛い美結も生まれて3年が過ぎようとしている。


俺にとって、結婚当初はこんな幸せな日が訪れるとは夢にも思わなかった。




「♪~♪~」




目の前を鼻歌なんて歌いながらちょこちょこ歩き回る愛海を見ると、本当に今この瞬間が幸せだということを実感する。




いつまでも、楽しく暮らしたい。




それが、俺の願いだ。


この作品のキーワード
冷たい  あまあま  すれ違い  嫉妬  いちゃいちゃ  一途