「・・・ごめん、俺・・・浮気した」




薄っすらと涙を浮かべながらポツリと彼は呟いた。





私と彼、葉山翼くんが出会ったのは大学の友達、唯香からの紹介からだった。彼氏の友達を紹介したいから4人でご飯行こう。そう誘われたんだっけ。


その時、私は21歳。翼くんは一つ上の22歳。翼くんは童顔で可愛らしい顔つき。目は二重で鼻筋は通っている。唇は柔らかくどのパーツを取っても羨ましいイケメン。



そんなイケメンの翼くんを紹介されたときは確実に遊び相手を探しているんだと思った。


彼みたいな人に彼女がいないわけがない。柔らかく笑いながら私に接してきても警戒心を取り除くことはなかなか出来なかったんだ。



「今井さんの髪の毛綺麗だね」



社交辞令の言葉を並べられても全く惹かれるわけもなく愛想笑いで返す。他の女の子ならその言葉でノックアウトかもしれないけれど私は騙されないんだから。



この作品のキーワード
ラブコスメ  浮気    同棲  方法  切ない  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。