受験を控えた高校3年の少年はある日突然妹から

「彼氏が欲しい」


と相談を持ちかけれらた。


だが受験を控えているため、あまりかまってあげられないが、渋々承諾する事に。


だがしかし、肝心の妹は我が強く、自分の好みじゃないと好きになれない、趣味が合わない、かっこよくないなど兄を困らせる。




そこで兄はある手段に出た...




※遊びで書いたので下ネタ、ホモネタ、SMネタの拠り所ですので苦手な方はお引き取りください



この小説において感想コメントを書いてくださる場合、批判的なコメントが褒め言葉として受け取られます。

この作品のキーワード
茶番  これはひどい  ラブコメ?  くだらない