「神様。どうか許してください。」

私たちが犯した罪を。

そして返してください。

あの夏掴んだ私たちの青春を。

今日も私は祈る。神様に向かって。

あの嘘がなければ

私たちは今、

どこでなにをしていたのかな。

すべては一つの嘘から始まった。

目次

この作品のキーワード
青春  偽り    切ない      祈り