「そこまではっきり言い切られると。なんか、清々しいよ」
「そういうわりには、なんか笑ってませんか?」

頬が緩んでいるのを見て取り突っ込むと、声を上げて笑われた。

「なんかさー、川原さんといるとスゲー楽しいよ。いつもニコニコしてて明るいから、一緒に居ると気が楽だし、楽しめる」

ひゃあー。
嬉しいこといってくれちゃうんだから、望月さんてば。

惚れてまうやろーーーっ。

って、既に惚れてるんですがね。

「この前は、風邪でだめだったけど。また、ラーメン行こうな」
「はい。是非っ」
「ラーメンで思ったけど。ちょっと小腹空かないか?」

確かに、さっきから口にしているのは、チーズと生ハムくらいだ。
しかも、一人で自棄酒だと思っていたから、そのチーズや生ハムの量もたいして買っていなかった。
それを二人で分けて食べているのだから、おなかが空いて当然だ。

そうだ。

「うどん。食べますか?」
「うどん?」

「はい。前に私のことストーカーって言っていた時に、半分ずつ食べたうどんです」
「ああ。ストーカーの時のうどん」

そういって、望月さんが笑う。

「今日は、お揚げとネギ以外に椎茸つけちゃいます。しかも、半分ずつじゃなくて、一人前ずつありますよ」
「ははっ。椎茸がプラスの一人前か。じゃあ、貰おうかな」
「了解しました」

嬉しそうに笑う望月さんの顔を見て立ち上がると、さすがに飲みすぎたのか足に来ていた。
ヨロヨロとして、近くの壁に手をついてしまう。

「おいおい。大丈夫かよ」
「平気です。平気です」

ヘラヘラ笑ってみたものの、これはちょっと。いや、結構来てるかも。
けど、望月さんの前でゲロゲローなんて、できるわけもないので、私は気合を入れてキッチンへ向かった。