時は幕末


京の町を両親、そして一族の仇を取るために移りこんできた者。

神崎伊織〈かんざきいおり〉


「俺は父様と母様、そして一族の仇を取るため此処に来た」


そんな彼女は京の町で恐れられている壬生浪士組のお預かりに。


【近藤派】

副長
土方歳三〈ひじかたとしぞう〉


一番組組長
沖田総司〈おきたそうじ〉

二番組組長
永倉新八〈ながくらしんぱち〉

三番組組長
斎藤一〈さいとうはじめ〉

八番組組長
藤堂平助〈とうどうへいすけ〉

十番組組長
原田左之助〈はらださのすけ〉

諸士取締役兼監察方
山崎烝〈やまざきすすむ〉


【芹沢派】

筆頭局長
芹沢鴨〈せりざわかも〉

副長
新見錦〈にいみにしき〉

芹沢の妾
梅〈うめ〉

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


沢山の感想コメントありがとうございます。
とても嬉しいです!

更新日数は不定期で中々進みませんが読んでいたなさだけると嬉しいです。


なお、この題材は流血場面などがございます。
史実とはそぐわないところもございます。
読む場合はそれらを理解して読んでくださると嬉しいです。



只今編集作業中です。
全力で直していくので長くなるとは思いますが、頑張って直していくので暫くの間お待ちください *_ _)

この作品のキーワード
壬生浪士組    芹沢鴨  お梅さん  新見錦  沖田総司  土方歳三  新選組