あの頃の私にはあなたが全てで。

あの頃のあなたは色んな事に夢中で。

隣を歩くのも
手を繋ぐのも
キスをするのも…


”友達”としてのただの”おふざけ”に
過ぎなかった

それでも私はあなたの言葉や行動に
一喜一憂して、笑って泣いて。
私だけを見ないあなたを使って




恋に恋してた。

目次

この作品のキーワード
キャバ嬢  遊び  浮気相手  大人の恋  同棲