2007年5月28日。

蓮のお布団が完成したのを待っていたかのように、
夜中に陣痛が始まった。

「槙ちゃん、陣痛みたい...」

「まじ!?急いで病院へ行こう!!」

「ありがとう...」


間隔的にくるお腹の痛さは徐々に痛さと間隔を増していく。


「愛。頑張れ。俺が付いてるからな」


槙ちゃんはずっと励ましてくれた。

病院へ着くと診察室へ行く。

もう子宮口がかなり開いているらしい。

急いで分娩室へ行かされる。


「槙ちゃん、お母さんにも連絡しておいて」

「わかったよ。愛、頑張れよ。もうすぐだ」

「うん、頑張ってくる」


お互い笑顔で別れる。




この作品のキーワード
妊娠  不妊  離婚  結婚  赤ちゃん  切ない  流産  新撰組  純愛  ドン底 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。