しばらくは仕事をしながら男性が怖かった。


でもあの夜たくさん泣いた。

女はいつだって弱い。

だから余計に強くなりたかった。

精神的にも経済的にも、男に負けたくなかった。


だから仕事も休まなかった。
むしろ、毎日出勤する事にした。

喜んでたのは店長だけだった。

週3でも常に3番以内にいたあたしが毎日出ると言い出したのだから。

「頑張って1番狙えよー」

呑気なもんだなぁ...

でもこれからの目標ができた。

あたしは六本木のこのクラブで1番になる!!

そう決めてからのあたしはどの席でも気を抜かなかった。

”全部自分のお客様にしてみせる”

でもそれを表に出してはいけない。
悟られてはいけない。

常に天然なフリをして、計算高い、したたかな女になった。

”どんな男でも全部おとしていく”

新しい”一条 愛”の誕生だった。


この作品のキーワード
妊娠  不妊  離婚  結婚  赤ちゃん  切ない  流産  新撰組  純愛  ドン底 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。