そこに在る事が当たり前だった。

いつか必ず私を連れ去ってくれる。
そう信じていたから、痛みにも堪えた。


目次

この作品のキーワード
      手紙