「亜美ちゃん久しぶり~っ!!」



「あっ、美知先輩お久しぶりです、焼けましたね~」



「あはは、やっぱダイビングはハマるね~、パラオの海はキレイだったよ」



「ダイビングしたんですか? いいなぁ、でも美知先輩ご実家に帰る予定はどうされたんですか?」





 確か、休み前のランチで

 嘆いてたような……。





「ふふふ♪ ちゃんと帰ったわよ? 初日の1泊だけだけど~、休みくらいは発散しないとね~、亜美ちゃんもゆっくり出来た?」



「はい、満喫ました」





 お盆休み明けの出勤日――





 久々で早く来過ぎたアタシは

 朝の掃除と支度を済ませ

 いつものように

 大量のコーヒーを作っていた。



 美知先輩は

 両手いっぱいの荷物を持って現れた。



 まさか

 旅行先から直帰じゃあないよね?





「はいコレお土産、みんなに配ってくれる?」



「はい、ありがとうございます」





 南国風ナッツ入りのチョコレートの箱を、アタシはおやつコーナー置いた。





「おっ、コーヒー出来てる嬉し~、入れたて飲める~!!」



この作品のキーワード
甘ロマ  はつ恋  ドキドキ  オフィスラブ  初めての…  切ない  あまあま  夏祭り  ときめき  極あま 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。