9月に入ると

 新しくアタシのお仕事が

 追加されることになった。





「枝野くん、おはようございます」



「あぁ、おはよう千川」



「郡司先輩は、まだ?」



「1件寄って来るから、取り合えず先にスケジュール確認して?」



「はい」





 この前の会議で

 決まった追加のお仕事が

 1つの企画に付きっ切りで補佐をして

 その成果を見ると言う

 シュミュレーションらしい。



 補佐なので

 付きっ切りの雑用だと思えばいい

 と、印南先輩に言われて送り出された。





「……」





 印南先輩の指示で動いていた時より

 2人が指示に慣れていない分

 忙しさの緩急が多く

 企画が上手く進むのか

 アタシが心配してしまうくらいで



 早く2人のお仕事とテンポを覚えて

 1人でも色々出来るようになって

 少しでもお役に立ちたい気持ちで

 今はイッパイいっぱいだった。



この作品のキーワード
甘ロマ  はつ恋  ドキドキ  オフィスラブ  初めての…  切ない  あまあま  夏祭り  ときめき  極あま 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。