事の起こりは

 営業フロアへ

 お使いに行った時からだった。





「失礼しま~す、これお願いします」



「はい、いつもご苦労様です、これ加藤部長にお願いします」



「わかりました、他は大丈夫ですか?」



「今日は~、大丈夫みたいよ?」





 営業補佐の柴田さんが

 営業フロアを見回し笑って頷いた。



 いつも

 企画の人へのメッセージメモなんかを

 仕事以外で預かったりすることも

 実はあったりするのです。





「はい、失礼します」





 企画資料窓口の

 柴田さんと2、3言葉を交わして

 今日の分を配達した

 直ぐ後のことだった。





「亜美ちゃん!! 待って?」





 廊下に出た所で

 営業補佐の同期

 宇佐美さんに呼び止められる。



 そう言えば

 話すの久しぶり?





「お疲れ様です、宇佐美さん、どうしたんですか?」



「亜美ちゃん、好きな人出来たって本当?」





 えっ!?



この作品のキーワード
甘ロマ  はつ恋  ドキドキ  オフィスラブ  初めての…  切ない  あまあま  夏祭り  ときめき  極あま 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。