7月半ばに入ってくると

 大きな企画が次々と大詰めになり

 先輩達の忙しさも

 尋常じゃなくなってくる。



 もちろん

 アタシの補佐の仕事も

 その忙しさに比例して増えていた。





「亜美ちゃ~ん、ゴメン15時にもう一回オフィスUに行って?」



「はい、美知先輩」



「あっ、俺のも上がってるからついでに取ってきて?」



「はい、郡司先輩」



「千川、コレの打ち込み頼んでいいか? 終わったら10部ずつコピーして閉じてくれ」



「はい、印南先輩」



「亜美ちゃん、頼んだの終わった?」



「はい、愛羅先輩お待たせしました」



「千川、俺のは?」



「はい、枝野くんのコレです」





 企画部のフロアに

 先輩達が代わるがわる

 出かけたり帰ってきたり



 その度に頼まれた仕事を渡し

 また出かけに依頼される

 を、めまぐるしく繰り返す日々が

 1週間続いていた。





「千川メシ食ったか?」



「えっと、まだです」





 ヘロヘロしたまま答えると

 印南先輩に

 ガシッっと頭を掴まれた。





 えぇ~っ!!??



この作品のキーワード
甘ロマ  はつ恋  ドキドキ  オフィスラブ  初めての…  切ない  あまあま  夏祭り  ときめき  極あま 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。