「ナニそれ、同棲!? やるじゃん亜美」





 土曜日――





 久々に会えた乃愛が

 いつになく身を乗り出して

 目を輝かせて言った。



 引っ越しも落ち着いたから

 久々に泊まる予定。





「あくまでも、同居です!!」





 もう、知ってるくせに

 すぐ茶化すんだから……。





「まぁね~、亜美にそんな恋愛スキルなかったよね~?」



「どうせ初恋もまだですよ~だ」





 日々生きるので精一杯で

 そんなコト考えられなかったし





「そんな拗ねんなよ? 会社の先輩とは言え男の人と2人きりでしょ? イイ機会じゃん」



「……何が?」





 乃愛は、ニヤリと笑って

 アタシの耳元で囁いた。





「オトナの男の人を知るには、ね?」



「!?」





 乃愛の言い方に

 アタシは思わず

 カァッ、と顔が熱くなり



 ガバッ、と彼女から離れて

 思いっきり睨んだ。




この作品のキーワード
甘ロマ  はつ恋  ドキドキ  オフィスラブ  初めての…  切ない  あまあま  夏祭り  ときめき  極あま 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。