油蝉の鳴き声が

 けやき並木から響いてくる。





「暑いねぇ、頭まで焼けそう」



「今日は、40度近くまで上がるってニュースで言ってましたよ?」



「ちょっとは曇んないかなぁ」





 サラダバー付きのパスタランチの帰り

 美味しいコーヒー屋さんへ向かう道

 容赦なく照りつける太陽を睨んで

 美知先輩は言った。





「本当に、倒れちゃいますよね?」





 なんて、この前

 倒れて熱出したアタシが言ったら

 シャレにならないかな?





「あはは…、ちゃんと食べて寝たら元気になったでしょ?」



「はい、お休みしてしまって本当にご迷惑おかけしました」



「ふふふ…、あたしも夏は全然ダメだったから分かるよ、1人暮らしだと食べるのさえ面倒だしね」



「はい、ずっとそうめんとかばっかりでした」





 治ってから

 印南先輩のスタミナランチが続いて

 それはそれで死ぬかと思いました。



 久々に普通のランチを食べた気がする。





「今日は、何にしようかなぁ♪」





 コーヒー屋さんのドアを開け

 美知先輩は、嬉しそうに言った。



この作品のキーワード
甘ロマ  はつ恋  ドキドキ  オフィスラブ  初めての…  切ない  あまあま  夏祭り  ときめき  極あま 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。