【今井花梨side】


「そんな拗ねるなよ花梨」


「…いいからさっさと食べて!洗うから!」


あたしは目の前にあるオムライスを一口、二口、三口と一気に入れる。


「そんな一気に頬張ると喉に詰まらせるぞ?」


「…ほんはほほは…んぐっ」


「あーもうほら。水飲んで」






あたしは別に拗ねてなんかない。

料理を作りに来たのはあたしなのに、結局作ったのはドロボーだからって。



拗ねたりなんかしない。

子供じゃないんだもん。



「直人特製オムライスの作り方なら伝授するからさ。拗ねないで?ね?」


「…だから!拗ねてなんかないわ!!ごちそうさま!!!!」



あたしは最後の一口を大きく食べきりお皿を流し台へと持って行った。


後ろで少しだけクスクスっと笑う声が聞こえる。

どうしてもドロボーの前だと本来のあたしが閉じこもってしまう気がする。



…本来のあたしが。




「でもびっくりしたなぁ。お米を洗剤で…あははっ」


「もう!言わなくていいでしょ!?ドロボーって意地悪なのねっ」


「可愛いよ花梨」


「…っ」



どうしてこんな奴の言葉なんかにあたしは反応しちゃうんだろう。

きっと今あたしの顔は真っ赤だ。

この作品のキーワード
夜の街    泥棒  ホスト  過去  男to男  淫ら  ヤクザ