【細川愁side】


No.1と言われなくなったのはいつからだろう。

俺は"直人"に負けた。


負けるわけがないと心のどこかで思っていたのに。










「カリンさん…ですね?」


「ええ」



知らない人はいないといわれるほど有名なカリン。

会ったのは初めて。

もちろん指名は直人だったけど、今は手が空いていないため俺がカリンの相手になる。


「何か飲まれますか?」


「おすすめのカクテルが飲みたいわ」


「…とっておきのカクテルを持ってこさせます」


「とっておき。言ってくれるわね」


俺はパンパンと手を叩き、合図を送った。


「カリンさんの口に合えば嬉しいですね」

にこりと笑う仮面のマスクにカリンは反応を示さない。




…カリンの口は肥えている。

きっと、ひどく。


スナック清香は有名人でさえもやってくる場所だ。

そんなところで美味しくない酒を出すわけがない。




しかし、俺だって今までこの街一番のホストだった。


口だって肥えている。



この作品のキーワード
夜の街    泥棒  ホスト  過去  男to男  淫ら  ヤクザ