*****

…日曜日。誘われていたパーティ当日。

迷ったけれど、私はいつものスーツで最上梨子デザイン事務所を訪れた。

どのみちドレスに着替えるのだから、律儀にスーツじゃなくてもいいような気がしたけれど、仕事じゃないとはいえ、私の中じゃ…やっぱり少しは仕事気分なわけだし…。


「朝日奈さん、今日もスーツなの?」

よっぽどスーツが好きなんだね、って出迎えてくれた宮田さんがケラケラと笑うのは、この際無視だ。


事務所は日曜だから業務はお休みで、スタッフさんはもちろん誰もいない。

照明もあまりついておらず、昼間でも薄っすらと暗い中、宮田さんの後に続いて、この前入った衣裳部屋へと入っていく。



パーティは夜からだけど、今日のスケジュールはこう。

まずこの衣裳部屋で、ドレスに着替える。
そして、宮田さんが予約してくれている美容室までタクシーで移動。
そこで髪をセットし、メイクをしてもらったら、そこからパーティ会場までまたタクシーで移動…という予定だ。


この作品のキーワード
デザイナー  アラサー  ギャップ  変人  魔法  秘密  契約  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。