*****

「緋雪!今週の日曜日、空いてる?」


お昼休み、休憩スペースでコンビニの鮭おにぎりを頬張っていたら、麗子さんにそう声をかけられた。


「今週…何かあるんですか?」

「うん。友達と行こうとしてたライブがあるんだけど。
その友達、行けなくなっちゃってねー。チケットもったいないから、一緒に行こうよ!」


テンションの高い麗子さんを前に、眉尻を下げてペコリと頭を下げる。


「すいません、今週はちょっと、用事がありまして…。
ほんとは麗子さんとライブ、行きたいんですけど……。」


本当に。そっちのほうが、どんなに良いか。
どんなに楽しくて、気が楽なことか。

聞けば、それは今人気のバンドのライブで。
ストレス解消には、もってこいなんだけどなぁ…。


「なんだぁ、緋雪もダメかぁ…。」

「…ごめんなさい。」

シュンと肩を落として謝ると、麗子さんがクイっと口の端を上げて、意味ありげに微笑んだ。


この作品のキーワード
デザイナー  アラサー  ギャップ  変人  魔法  秘密  契約  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。