「だっせー!お前なんだその花ー!」
「うるっさいなっ!響なんか大っきらいっ!!」
あなたを大嫌いになった。

「ねぇねぇ、小学生の頃響くんと仲良かったんでしょ??」
「全然だよー。」
なのに…。あなたを好きになる。

「由芽、いい加減自分の気持ちに気付いたら?」
「……あれ……??!」
「お前、いい加減気づけよ。」
偶然の再会が奇跡を呼ぶ。


「由芽…俺…お前のこと…」
「私もずっと…」

向日葵は遠いようで本当は
ずっと私のこと近くで見守ってくれてたんだね。
「…めっ?!ゆめっ?!!!」
「ありがとう…傍にいてくれて…」

―――ずっと好きだった気持ちを伝えたい。―――

目次