「それも全部私が悪いの?」

「お前ら全員死ねばいい。」

ある日俺らがであった少女は心に闇を抱えてた。

この作品のキーワード
切ない    虐待  性的虐待    不良