「――痛いっ」


涼雅は床に倒れたまま、
右腕を押さえて顔を歪めている




後頭部からは大量の血が流れていて、
床を段々と赤く染めて行く――……




涼雅に手を伸ばし、
バランスを崩して階段から落ちそうになった私を、


涼雅は落ちないように私の体をこちらに押してくれた



その時、涼雅の方がバランスを崩して――




誰か来て――



そう思うのに、声が出ない



ごめんなさい



私、そんなつもりじゃ……



ごめんなさい……