週が変わった月曜日。
社員食堂で弥生さんは三浦さんたちに捕まっていた。

「ねぇ、金曜日はどうだったの?」

「え、どうだったって何がですか?」

「もう、何言ってんのよ。あんた浅村くんに送ってもらったんでしょ」

「あっ……」

三浦さんの言葉に弥生さんの顔が真っ赤に染まっていく。
私も考えていることが顔に出るとか言われているけど、弥生さんも分かりやすいかも。

そんな顔していたら“何かありました”と言っているようなもんだし。
当然、三浦さんと井口さんは追及を緩めてはくれないだろう。


「何か進展はなかったの?」

「ホラホラ、正直に白状しなさい。告白ぐらいされたんでしょ?」

「なっ、どうしてそれを……」

「やっぱりね」

「浅村くんもやるじゃない」

「そうかー。ついに弥生も彼氏が出来たのか」


弥生さんは恥ずかしそうにしながら、パスタをグルグルとフォークに巻きつける。

そっか。浅村くんと弥生さんは付き合いだしたんだ。
あ、だから浅村くんは朝から鼻唄なんか歌って浮かれていたのか。


「あの、それで私たちの付き合いは……」

「分かってるって。誰にも言わないから安心して。ね?」

三浦さんは私と井口さんに視線を向けてきたので、暗黙の了解とでもいうかのように頷いた。