田中主任に書類を届けたあの日から一週間後。

原田部長から言われ、私は田中主任のサポートをすることになった。
他にも何人かの営業の人のサポートをするけど、メインは田中主任だ。
それだけ主任の仕事量が多いんだろう。

『いろいろ雑用とか頼むことがあるけど、よろしくね』と田中主任に微笑みながら言われ、私は背筋をピンと伸ばし『頑張ります!』と意気込んだ。

ついに営業のサポートが出来ることに嬉しくなったのと同時にさらに気を引き締めなきゃと思った。


田中主任は“主任”と肩書が付くように、仕事は大変そうだった。

自分の仕事以外にも、他の営業の人のフォローにも回ったりと忙しくしている。

まぁ、それは主任だけに限った話ではないけど。

「田中主任、ちょっといいですか?例の現場のことで相談が……」

ホラ、今も佐藤さんが図面を手に田中主任の席へやってきた。
資料に目を通していたのを中断し「どれ?」なんて言いながら話し込んでいる。


今日は朝から出掛けている営業の人は少ない。
そのせいか、電話がかかってくる回数が普段より多い気がし電話対応に追われている。