定食屋の駐車場に停まっているシルバーのセダンタイプの車に乗り込んだ。


乗る時に靴を脱ごうとしたら、海斗にそのまま乗れよ、と呆れたように言われた。
こっちは新車だからって気を遣ったのに。

取りあえず、今日は雨が降ってなくてよかったと。
泥水が付いた靴で新車に乗るのは、いくら幼なじみとはいえ気が引けるからね。

エンジンをかけ、スムーズに車は走り出す。


車内は、新車特有のにおいがし、今流行の曲が流れている。


海斗の運転も上手いなと感じた。
心地いい振動に満腹の状態だとすぐに眠ってしまいそうになる。


他愛もない話をしていると、あっという間に私のマンションの駐車場についた。

シートベルトを外し、車から降りてドアを閉める。


「送ってくれてありがと」

「おぅ。またいつでも乗せてやるよ」

「気を付けて帰ってね」


私が手を振ると海斗は助手席の窓を開けて「おやすみ」と言い、アクセルを踏んだ。


車が走り出したのを見送り、マンションへ入った。