「高瀬さん、次の営業会議の時に使う資料、任せてもいいかな?」

「はい」

「要件を箇条書きにしてるだけだから申し訳ないんだけど、これを上手くまとめて欲しいんだ」


田中主任から渡された数枚の紙を捲る。
箇条書きにしてるだけって言うけど、すごく分かりやすい補足説明も書いてある。
相変わらず綺麗な字で。

これだったら私でも出来る……と思う。



「はい、分かりました」

「じゃ、よろしく」


早速、パソコンのマウスを動かしながらどう文章化していくか考える。


入力しては読み返し、おかしい部分はないか何度も確認する。
出来上がった文章を保存したあとプリントアウトし、それを田中主任の元へ持って行った。



「主任、チェックお願いします」

「お、もう出来た?」


主任に渡すと、資料にザッと目を通していき、視線を私の方に向けてくる。


「ありがと。またちゃんとチェックしとく」

その一言に軽く頭を下げ、自分の席へ戻った。