カラオケ大会も終わり、ビンゴゲームに突入した。


「ビンゴゲームを始めます。入口のところで渡されたビンゴカードを用意してください。真ん中のFreeのところは開けておいてくださいねー」


司会が佐藤さんたちから総務の人にバトンタッチしている。


「あ、それと荷物が増えてしまうので今日は景品のお渡しは出来ません。引換券を渡すので、当たった人はまた後日総務の久保まで持ってきてください。その引換券はなくしたら無効になりますのでちゃんと保管しといてくださいね。引き渡しの期間は来週の月曜から一週間とさせていただきます。来られなかった場合、その景品は会社で使わせてもらいますので悪しからず」

「では、始めまーす」

ガラガラと手動式のビンゴゲーム機を回し、数字がコールされる。


「えーと、次は五です」

「俺、リーチ!」

何回目かの数字が読み上げられた時、目の前の浅村くんが手をあげて叫んだ。


「今、リーチの人は手をあげてみてください」

総務の人の声に、五、六人が挙手をする。

結構いるんだ。
私なんてまだ一個しか開いてないのに。