寛と初めて話したのは入社式の真っ最中だった。

私は新入社員代表だった。
社長や役員の前で、代表の挨拶をしてもとの位置に戻る。
社長がまだ話しているのに、脇からつつくヤツがいる。

それが伊川寛だった。


『俺のこと覚えてる?』


『は?』


ひそめた声。
二人とも前を向いて話を聞く振りだ。


『一次の集団面接で一緒だった』


『………』


『男らしい解答する女子がいるなぁって思ったんだよ』


『喧嘩、売ってるの?』


『ちょ……売ってないから。短気って言われるだろ、あんた』


私は睨もうかと思ったけれど、目につくだろうから止めた。

その場は無視。
変なヤツに絡まれてしまった。