「寛、あんた重っ!」


タクシーから降り、私は自分のマンションに寛を運び込もうと苦心していた。

結局寛はベロベロに酔いつぶれてしまい、送ることにしたのだけれど、本人が頑として自宅には帰らないと言った。

未衣奈が来てると気分悪いからって。

気持ちは痛いほどわかったので、やむなく、私は自室に寛を連れ帰ることにしたのだ。

寛は歩けるだけマシとはいえ、私の肩に半分以上の体重を預けているので、私はろくろく進めない。


「もうちょっとシャンとして!」


私が怒ると寛がぴしっと気を付けをし、敬礼した。
完全な酔っぱらいだ。