引きこもりだった私。
意を決して実家に戻ると彼はいた。

最初は苦手なタイプ。
ズバズバと物を言うし、遠慮もない。

それなのに・・・
彼の言葉に左右されて気になる。

彼は、私の初恋の人だった。
思い出した記憶から
どんどんと惹かれていく

でも、あなたの特別にはなれない。
だって、あなたは夢を追う夢追い人。

気持ちは伝えないって決めた。
でも、ただあなたのそばにいたいだけ。

でも、あの日のキスは?
抱きしめてくれたのは?

「・・・気にしないでほしい」

伝えるつもりなんてなかったのに

「・・・好き、好きなんです。亮輔さんのことが好きなんです」

遊園地のヒーローショーを舞台にした
二人の恋の行く末は??

彼は【遊園地のヒーローショーの
スーツアクター】

下野亮輔×相原花菜

2014 5月9日 start
2014 8月1日 end

この作品のキーワード
  ヒーローショ  スーツアクタ  年の差  観覧車  文庫大賞  初恋  ピュア  遊園地  働く男子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。