―――――
―――

朝になって、智世がメールを入れると言っていたのを思い出し、スマホをチェックすると彼女から長文が入っていた。

夕べ陽希のマンションの前で、彼女に電話した時は話し中だったから、私も昨日のうちに少しばかりの怒りと感謝と謝罪を込めて、メールを送信しておいたのだけれど。

シャワーを浴びに行った陽希と自分のためにコーヒーをセットし終えてから、智世に電話を掛けた。


「おはよう」

『美知佳、昨日はごめん』

「……ああいうサプライズは勘弁してよ」

『うん、ごめん。葉山君から全部聞いた。でも、美知佳ってば何も言ってくれないから。てっきり、結婚してる私に言いにくくて隠しているのかって』

「不倫するほど器用じゃないよ。……私もちゃんと言わなくて、結局心配かけたのは悪かったと思うけど。でも智世には、ちゃんと知って欲しかったの。彼のこと色眼鏡で見て欲しくなくって。噂が先行しちゃうような人だから」

『……ねぇ、もしもよ。もしも私が、葉山君の言葉を額面通りになんかに受け取らないで、もっと早く2人を会わせてたら、何か変わっていたと思う?』

コーヒーの香ばしい香りが部屋中に漂う。

私はその香りを楽しみながら笑った。

「もしもとか、そんなの必要ないよ。想像出来ない」

『そっか。彼のこと、とっても好きなのね?』

「うん、そう。好きなの」

『わ、美知佳の口からそんなの初めて聞いた。それじゃ、葉山君も玉砕しちゃう訳だ』

智世は安心したように軽口を叩いた。

彼女は昼前の新幹線で家へ戻るらしく、私達は近いうちの再会を誓い合って電話を切った。

この作品のキーワード
アラサー  嫉妬  同窓会  年齢差  あまあま 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。