小っちゃい頃からずーっと私にしょうもない嘘をつき続けてる8つ上の男がいた。

お陰で私はかなり疑い深くなったし、随分とひねくれた人間に育ってしまったと思う。



「別れよう」



目の前の男が言った台詞を、私はわりと冷静に受け止めた。

そうなるよねえ~、とその男の肩をぽんと叩いてあげたいくらいだった。

私は、何も言わずに飲みかけのワインを見つめた。

新宿の31階の夜景が綺麗なレストラン。なんでこんなプロポーズされるような場所でふられなきゃならんのだ、私は。


「ママが、職の無い女性とのお付き合いは認めないって……」


お前の意思じゃねぇのかよ!

その前にこの人今ママって言ったよね? ネタじゃないよね?!

そんな人リアルにいたんだね!?

私は脳内で弾丸ツッコミを入れながら、彼の言葉を黙って聞いていた。

“職の無い女性”という言葉に、何も言い返すことはできなかったから、黙ってることしかできなかったんだ。


「僕もママに少しは言い返したんだけど、やはり僕は医者になる身だし……、それにママが」


そこそこ有名な進学校を卒業して、補欠でギリギリ受かった都内の難関私立大に通って、大手企業しか面接を受けなかったら、見事に全落ちした。

受かると思ってたんだ。自分は、才能がある人間だと思ってたから。

今目の前でママのことをつらつらと語ってるこの元彼も、優秀でお金持ちで将来有望。そういう彼氏をもっていることが私の自慢だったし、自分もそれに釣り合う人間だと思っていた。


「まあ衣都(イト)ちゃんはかわいいけど、確かにちょっとひねくれてる所があったよね。僕のママに会った時も」


完全に自惚れていた。自分はエリートだと思ってた。

でも、違った。

就活に失敗した今、恋人にもふられ、私にはもう何も残っていなかった。

自分がどれだけ凡人なのか、今痛いほど実感している。

この作品のキーワード
呉服屋  婚約  ツッコミ  京都弁  着物  王子  政略結婚  じれじれ  色気 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。