浅葱家に来て一カ月が経ち、あっという間にGWになりました。



そういえば私、さらっと社会人になってしまったことに、GWは全て仕事だと知らされてやっと気づきました。

本当は大手企業に勤めてバリバリのキャリアウーマンになるつもりが、一体どうしてこんなことに……。


「あ、朝だ……」


社会人の朝とは、こんなに絶望的なのか……。

私は、目覚まし時計を恨めしく叩いて、むくりと起き上がった。

今日は珍しく志貴が仕事の用事で朝からいないので、荒々しく起こされることはなかったけれど。

でも、化粧台の上には、いつも通り志貴セレクトの髪飾りが置いてあった。いつの間に……。


「お腹減った……」


朝ごはんを作るために今日は少し早く起きていた。

私は肌けた浴衣姿のまま洗面台に行き、いつものように歯を磨きながら携帯をいじった。

すると、そこには新着メッセージが50件入っていた。

何事かと思い慌てて開くと、ほとんどが大学の友達とのグループLINEでのメッセージだった。


「え……」


面倒なので最後のメッセージだけ読んだが、そこには衝撃的な一文が書かれていた。

『じゃあ明日弾丸京都ツアーね! ついでにいとちんに会いに行こう!』


「待って、待って待って待って……、明日ってことは今日だよね……今日!?」

この作品のキーワード
呉服屋  婚約  ツッコミ  京都弁  着物  王子  政略結婚  じれじれ  色気 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。