初めて会ったのはあたしの働いているキャバクラ。

まだ夏真っ盛りで熱かったのを覚えている。

その日も指名が被りに被っていて、
陸(りく)に会ったのは、ほんの顔見せ程度の5分。

でも、ちょっと長めの綺麗な黒髪を半分オールバックに結んでいて、
竹野内 豊と金城 武を足して2で割ったような顔に、
そして綺麗な指に、ハッと息をのんだ。

会話は自己紹介程度しかする時間がなかったのだけど、
もうそれだけで、恋の予感がするには十分だった。


とりあえず連絡先のメールアドレスだけ交換して、
席を立った。

この作品のキーワード
秘密  元カレ  浮気  愛人  不倫  赤ちゃん  御曹司  年の差  大人の恋  悲恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。