そんなやりとりをしてもしばらくは普段と同じように遊び、
悪戯をして回って、楽しかった。

でも、明日から陸が行ってしまうと思うといつもより
お酒の量が増えた。

「あお、飲み過ぎだよ」

「大丈夫だよ」

そう言って、赤ワインを1本空けてしまう。

「あお、もう帰ろう。さすがに飲み過ぎ」

黙って陸の言いなりになる。

タクシーを拾ってくれて、いつものように1人で帰ると
陸は思っていたのだろう。
あたしもそのつもりだった。
でも、タクシーに乗る瞬間、

“今離れたら、しばらく会えないんだ”

って思ってしまって

「陸も一緒に帰ろう?」

って言ってしまっていた。

この作品のキーワード
秘密  元カレ  浮気  愛人  不倫  赤ちゃん  御曹司  年の差  大人の恋  悲恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。