「来月、転勤することになった」



彼からそう告げられて、言葉に詰まる。

なんで?どうして?
頭ではそう思うのに、言葉が出てこない。

「行先は、ニューヨーク…。たぶんしばらく帰ってこれない」

無言のあたしのことは置いてけぼりで、彼はつらつらと話し始める。

「本当はこんなこと言うべきじゃないと思うんだけど、聞いてくれるか」

あたしはその言葉に、唾をごくりと呑み込んだ。





「俺と、別れることを前提に付き合ってほしい」







「……………はい?」




なんであたしがこんな状況に置かれているか、

その理由は振り返ると少し長くなる。

この作品のキーワード
オフィスラブ  年の差  上司  切キュン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。