誰も私の気持ちに触れないで。




私は臆病だから。




傷付かないために、





この気持ちを押さえ込むんだ。






目次

次へ

この作品のキーワード
吹奏楽部  恋愛  悩み  義兄  禁断