いつもいるよね、わたしの目の前に。

届きそうで届かない距離に…。

目次

この作品のキーワード
電車  片想い  満員電車