耳元でうるさく携帯電話が鳴ったのは、夜中のことだった。


いきなりの着信音に驚き飛び起きるあたし。


枕もとを見ると、携帯電話がせわしなく光り、着信を知らせているのが目に入った。


「こんな時間に誰?」


ブツブツと文句をいいながら電話を取ると、そこには実紗の名前が表示されていた。


時刻は夜中の2時が過ぎていて、あたしは目を丸くする。


実紗はこんな真夜中に電話をかけてくるような、常識のない友達ではない。


あたしはベッドの上に座り、すぐに電話をとった。


「もしもし、実紗?」


あたしがそう言い終わるより早く、実紗は口を開いた。


《陽子どうしよう!? 葵が帰ってこないの!!》


焦った口調でそう言う実紗。


「帰ってこないってどういうこと?」


デートで葵君と別れてから、もう何時間も経過している。


《アルバイトから帰ってみても葵の姿がどこにもなくて、家中探してもいなくて……。


それで、今までずっと近所を歩き回って探していたんだけど、それでも見つからなくて……》


実紗の声は徐々に小さくなり、最後にはすすり泣きの声が聞こえてきた。

この作品のキーワード
ホラー  悲鳴  人形  戦慄  彼氏  再生  恐怖  破滅  ドキドキ  破壊 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。