「あ゛~、クソッ。」

「何々~、郁也くぅん。」


「キモい。佑。」


「ヒドっ。」


隣にいるのは佑。


「あー、あの芽衣ちゃんのあのメイド服ね。不機嫌のりゆー。」


「あ?なんで佑が知ってんだよ。」


「そりゃあ、全校男子の噂だから。“芽衣ちゃんのメイド服はヤバい”ってゆー。」


はぁ?


そんな噂、あるわけ?


なんだよ、それ。


「衣装合わせんとき、三百、見に来たらしい。ま、噂だけど。」



「はぁっ?文化祭は今日だぞ?」


チッ。


あーイライラ収まんないし。


芽衣のメイド服まじ可愛いの。それは認めるよ?

この作品のキーワード
嫉妬  ヤキモチ  留学  高校生  ピンク15  先輩  年の差  短編10