「芽衣ちゃんやっぱ可愛いな。郁也がいるけど、まじになっていい?」



それは昔の俺の本心だ。



親友の郁也に毎日のように通い詰めていた芽衣ちゃんはとても可愛かった。



郁也のついでだと分かった笑顔でさえ向けらると心がはねてしまうんだ。




芽衣ちゃんに好意をよせた日々が続いた。



郁也と一緒になってほしくないって本気で思ったことだってある。

この作品のキーワード
嫉妬  ヤキモチ  留学  高校生  ピンク15  先輩  年の差  短編10