◇渚side



センパイ……。
センパイ……っ!


本当は、このままセンパイの首に腕を回したい。
そうすればきっと、キスの先が待っている。


甘い予感に、身体の奥が熱を持つ。

優しく、そして誘うように背中を撫で上げていた手は、髪を掻き上げ首筋に落ちた。


「……っ、……ん」


たまらず声が漏れそうになり、慌てて唇を噛みしめる。

センパイがそれを見逃すわけもなくて、すぐにキスをされ深く奪われた。
強く、背後の桜の木に身体を押し付けられる。

センパイと、木の間であたしは身動きもとれずにただキスを受け入れていた。



どうしよう……。

でも……、こんな場所じゃ……。

ほんの少しの理性が、あたしを突き動かす。



「っん、せ、センパ……ダメ!ダメですよっ」

「――なんで?」


鼓膜を震わす囁き声。
おでこを合わせるように覗き込まれ、その瞳の中に吸い込まれそうになる。

あたしはフルフルと首を振った。


「だって……、こ、ココ、外ですよ!?」

「んなもん、待てっかよ」

「ひゃ……」


今度はスカートの中に手が滑り込んできた。
思わず飛び上がって、たまらずにギュッと目を閉じた。


「~~、ダメダメっ!絶対ダメですっ」


力いっぱい胸を押しやれば、センパイの手は止まる。
そして、ジト目であたしを睨み……。



この作品のキーワード
甘ロマ  強引  イジワル  じれじれ  続編