……へ?


お、おと……う、さん?

お父さんンンッ!!?



ギョッとしてもう一度振り返る。


どこかで見た事あると思った。
センパイに、どことなく雰囲気が似てたんだ!


ひえええ!







「渚さん……渚さん?」


顔面蒼白。

あ、あたし何か失礼な事言ってないよね?
大丈夫だよね?

いきなり襲ってきた”緊張”と言う感情に震えそうだ。



「渚さん!」

「ッ!」


大きな声で呼ばれ、ハッと我に返った。
気が付くと、真山くんがあたしの顔を覗き込んでいた。


「渚さん、大丈夫っすか?顔、引きつりまくってますけど」

「え、うそ」



パッと両手で押さえると、プニプニと回してみる。
たしかに、固まっていたかもしれない。



「センパイ、なんかめちゃ動揺してましたね」

「……」


そう言って、真山くんはオフィスの外へ視線を向けた。

……。



ふたりは、休憩室で何か話をしているようだった。


センパイから、家族の話聞いた事なかったな。
あたしも真山くんの視線を追いかけながら、資料をかき集めるセンパイの背中を思い返していた。



この作品のキーワード
甘ロマ  強引  イジワル  じれじれ  続編