海外事業部は総務部とは全然違う。

 怒鳴り声も聞こえてくるし、外国の言葉もちらほら。

 総務はすごく静かだけど、海外事業部は騒がしい。

 時間の流れも早そうだ。

 だが、佐久間さんと私がオフィスの中に入ると、海外事業部の社員全員が仕事をしながら一斉に私達を見た。

 何だろうこの視線?

 一条さんのアシスタントになったから、みんな気になるのかな?

 そんな事を考えながら現実逃避していると、今一番会いたくない人物が海外事業部の奥にある個室の扉の前で待ち構えていた。

「あっ、魔王のお出ましだ」

 佐久間さんがポツリと呟く。

 魔王って一条さん?

「佐久間、遅いよ」

 一条さんは佐久間さんを一瞥すると、すぐに横にいた私に目を向けた。

「はじめまして、一条です。佐久間から聞いてるだろうけど、東雲さんには僕のスケジュール管理とアシスタント業務をやってもらうからよろしくね」

この作品のキーワード
OL  御曹司  イケメン  地味女  上司  意地悪  腹黒  シンデレラ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。