源士の裏切り発覚から2ヶ月半。

私はまだ源士とろくに口を聞いていない。

基本的には無視だ。
夕食も準備するし、洗濯物もアイロンもするけれど、無視だ。

土日は子どもの習い事で出かけるようにし、子どもたちが遊びに出る日は私も用事を作って外出した。
夜の外出も続いている。


ひとつ屋根の下、顔をあわせないようにするのは大変だ。

それも、向こうは何とか私と話そうとしているのだから。


この日、私は23時に家を出発することにした。
源士の帰宅がこの時間だったからだ。
先に寝てしまうにタイミングが悪かった。

私が玄関でスニーカーをはいていると、後ろから声がかかる。


「朝歌、少し話ができないか?」

この作品のキーワード
浮気  ダイエット  夫婦  主婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。