◇◇◇


北の町にも、遅い春がやって来た。

緑が芽吹き、桜がようやく開花する。



オフィスビルや商業ビルが立ち並ぶこの街の中心部に、その店はあった。


“おにぎり屋本舗 うらら”


木造二階建ての古い一軒家は、近代的なビルに囲まれみすぼらしく見える。


外観は薄汚れているが、紺地の暖簾をくぐると、

明るく味わいある、木の空間が気持ち良かった。



十畳ほどの狭い店内のカウンターは、おにぎりを食べに来た客で埋まり、

レジ前は、持ち帰りの客が並んでいた。



注文を取り会計をするのは、今年高校を卒業したばかりの女の子。


紺地のエプロンに三角巾を被り、働く彼女の名前は

“うらら”という。



「ばあちゃん、紅鮭、タラコ、昆布と筋子!」



うららが注文を伝えた相手は、祖母…ではなく母だ。


齢70になった彼女の名前は梢(コズエ)、

おにぎり名人と呼ばれる、健康で元気な女性だ。



梢は「あいよー」と返事をし、見事な手つきで次々とおにぎりを握って行く。


カウンターの客達は、皆美味しそうにおにぎりを頬張っていた。



この作品のキーワード
年の差  大人  年上  警察  刑事  結婚  事件  感動  シリアス  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。