◇◇◇


十年前の冬の話し…



小泉圭は高校三年生。


父親は警察官だが、同じ道に進む気はなく、

有名大学の法学部を受験するつもりでいた。



高校では、友達とくだらない話しをし、勉強をし、

放課後は部活動の空手に汗を流し…

そんなごく普通の高校生活を送っていた。




雪がチラチラ降る水曜日。

今は二時間目の授業中。


教師に指された友人に、こっそり解答を教えていた時、

圭のブレザーのポケットが震え始めた。



ポケットの中で携帯電話を確認すると、母親からの着信だった。


何かあったのかと嫌な予感を抱え、教師にトイレと断り、廊下に出た。



通話に出ると、母親の明るい声がした。



「ハロー圭!今朝ぶりね!
圭の声が聞きたくて、電話しちゃった!」



圭は無言で通話を切ろうとした。


それに気付き、母親は慌てて本当の用件を口にした。



この作品のキーワード
年の差  大人  年上  警察  刑事  結婚  事件  感動  シリアス  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。