◇◇◇


「だから、俺じゃないんです!!」



コンビニ強盗事件から一ヶ月後、

取調室では、若い男が必死に無実を訴えていた。


彼の名前は上島。21歳の大学生。

同居の恋人を、自宅で殺害した容疑で取り調べられていた。



容疑者上島は、アリバイがあると主張する。

恋人の木元ゆりえが殺害された昨夜23時頃は、コンビニでアルバイトをしていたと主張した。



彼を取り調べているのは、捜査一課の及川。

この事件の捜査チーム班長だ。



及川は眼鏡のつるを指先で押し上げ、狐のような細い目で容疑者を見た。



「君が主張するアリバイは、残念なことに成立しないのだよ」



上島は驚いた。

立ち上がり、声を大きくして意見した。



「バイト先に聞いてもらえば、すぐに分かります!

本当にその時間は家にいなかったんです!」



この作品のキーワード
年の差  大人  年上  警察  刑事  結婚  事件  感動  シリアス  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。