◇◇◇


年が明けて、3月。

春はまだ遠く、北の街は雪に覆われている。



ビル街も時計台もテレビ塔も、全てが白く霞む中、

木造二階建てのおにぎり屋は、今日も客の腹と心を、温かく満たしていた。



昼の混雑時、梢のおにぎりは飛ぶように売れて行く。



うららは、平和で忙しい日常を取り戻していた。


でも、ここの所、元気がない。



常連客が、持ち帰り用おにぎりを受け取りながら、うららを心配した。



「どうした?最近、元気ないな」



そう言われ、うららは慌てて笑顔を作る。



「元気ですよ!」


無理して笑うが、心の中は沈んでいた。



この作品のキーワード
年の差  大人  年上  警察  刑事  結婚  事件  感動  シリアス  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。